寒さ対策立証

寒さ対策には、肉。

昨日、ふた切れではなく、ひと切れのすき焼肉で、白菜やブロッコリー、スライス餅と、おいしくいただきました。

夜中に冷えて目が覚めなかったので、冷えにはお肉は、即効性があるかもしれません。

世の中にはベジタリアンの人もいますし、無理やり食べたり、アレルギー(もしかすると、農薬に反応しているということかも)のある人は食べたら具合が悪くなるのに、お肉は食べなくてよいと思います。

それでも、冷えるなら対策をしなくてはならないわけで。血の巡りをよくして、低体温にならないようにする方法を知らないと。その場合、参考になるのは、先人の知識で、加えるなら、自分と似たような体調や症状の人の、体験というのが重要。毎日快便の人の生活習慣を真似ても果たして同じ効果があるかということ。便秘だったけど、毎日快便になった、という場合ならまだ、参考になることがあるかもしれない。

いろいろ参考にして、危なくない範囲で、自分の体で実験して見ない限り、どれが合うかはわからない。兄弟姉妹や親と体調が違うこともあるし、似てることもある。書いてある通りにはいかないものだし、別の方法や、自分だけの方法、いろんな方法を組み合わせて、うまくいくかもしれない。

いくら勧められても、あまりに高額な何かを購入しなくてはならないとか、聞いたこともないような最新の何かは、私はなるべく避けていて、漢方とか、昔っから、言い伝えられ、引き継がれている先人の知恵の方が、試しやすいと思っています。なぜなら、最新の農薬や柔軟剤で、体調不良にさせられたから。簡単明瞭です。

と、これまた誘導されないで、自身の考えで選ぶこと。それが一番大事。

冷えにはお肉。一回の実験では立証されたとは言えないので、今日を踏まえて、またいずれ。すき焼き用高級牛肉っはなくて、普段買う、豚肉で実験予定。

  • 食材について
  • お客様へのお願い
  • イベント情報