寒さ対策

大雪警報がでたものの、もう、屋根も瓦がところどころみえはじめているくらい

市内でも、場所に寄りますが、カフェ付近はそのぐらい。

南極料理人の書籍をよんだところ、お肉料理の方が、隊員にはよいようだとのこと。魚料理をたくさん

食べても、おさまらないとか。生命維持のために欲する物を、食べるのが一番大事。

南極基地は、最高でも氷点下20度のはずなので、想像するのも難しい。

南極ではないですが、寒いと、あったかいものを飲んだり食べたりしたくなる。

体温が低いと免疫力が下がる。

体温をあげるには、血が廻らないと。血はタンパク質。もともと動物の乳は血液でできているので

乳製品を欲するのかも。冬は、乳脂肪が一番高くなる。それは本来は、子牛が生まれるのが

冬だからだそうだ。しかし、年中牛乳がある。ということは、どういうことか。

考えてみると、ヒトは食べるためならなんだってするってことがわかってくる。

ともかく、ありがたく、美味しくいただくこと。それは、動物性のモノも植物性のモノも同じ。

肉といえば、熊肉や鹿肉、イノシシ肉であれば、自然のモノを食べているので

遺伝子組み換え飼料や抗生剤などをたべた個体よりは、美味しいのは道理。

手に入りにくいが、もし、手に入ったら、イノシシなんかは、太い毛がついてるかもしれないが

食べてみると、驚くべき美味しさです。

寒さ対策。

食べ過ぎに注意。

胃酸を薄めすぎないように注意。

冷蔵庫に残してある、株主優待で届いたすき焼き用肉が二切れ。今日が食べるとき。

ありがたくいただきます。

 

 

  • 食材について
  • お客様へのお願い
  • イベント情報