無農薬野菜のいいところ

IMG_3979ご覧くださりありがとうございます。

おととい、無農薬キャベツを買いました。人参も。レモンも。

人参は土付き。しばらく保管できます。

レモンがこんなに芳しいものだったとは。レモンパスタを予定。

キャベツは早速、保存工程を施しました。芯をくりぬいての一連の作業。一枚ずつはがして使うこと。カットしたら傷みはじめる。芯があると成長する。ふまえて対策すれば、無農薬無化学肥料育ちの野菜は日持ちします。食べると、甘く柔らかいという、スーパーにあるキャベツとの違いもわかります。

苦い人参やキャベツや白菜を食べたことはないですか?それは、化学肥料の味です。野菜の味じゃない。化学肥料味を誤魔化すためには、強い味付けに仕上げねばならないことになる。目をつぶって食べて、何を食べているのかわかるかな。キャベツの味ではなく、カレーやケチャップや甜麺醤といった味をまとったものになってはいないでしょうか。もちろん、調味料が厳選素材、添加物なしであれば、キャベツの味はしますが、無農薬無化学肥料のキャベツを食べてみないと、どうなのかはわからないですよね。

普段行くスーパーに無農薬無化学肥料育ちの野菜を販売してくださいと、お願いしてみましょう。

クレームではなく、要望として。農薬を使わない野菜、化学肥料を使わない野菜を望むことは、罪には問われませんのでご安心のほど。

食べた物からでしか、体は作られないということを、もっと最優先事項にしてほしいです。

ではまた来週。

 

 

  • 食材について
  • お客様へのお願い
  • イベント情報