20200503休業中でも通信

IMG_4974

こんにちは。

香りよい山菜の季節。未だに、山でコシアブラを発見できず。見つけても人様のお山から勝手に摘み取りはできないので、せめて写真に収めるつもりです。

で、食べるためには、買うわけです。総社大神宮での土曜朝市も、6月からに延期にはなりましたが、一店だけ、店を広げていて、昨日、調達したのは、目当てのコシアブラ。白和えと落花生和えにしました。素食カフェのLaboでも提供していたお品書きでした。

 

 

化学物質過敏症(CS)の厄介なところは、原因となる化学物質を自分だけが排除しても、それで万全にはならないところです。

私の場合は、農薬、除草剤、消臭剤、殺虫剤、抗菌剤、防虫剤、柔軟剤、人工香料。恐ろしいことに、これらに共通する成分があり、症状が出ます。猛毒のイソシアネート、アクリルアミドは、わずかでも日用品に使うべきではない。

重症になると香りに敏感になり、平気だった自然の香り、例えば花や木の香りも、症状がでる場合があるから、相当困難な日常生活となります。

ならないようにするには、お使いの、合成洗剤や柔軟剤をまず、環境にも生き物にも安全な、石けんやマグちゃんに変えること。人工香料の製品をやめること。経皮毒の恐怖を知ること。

 

昨日は、学校敷地内の除草剤散布について、事前か事後に散布がわかるように表示の依頼を市に送信しました。窓を開けたり、マスクなしで庭に出たりして、喉がヒリヒリし、咳痰と倦怠感が出ました。校庭の枯れた草を見て、気づいた時には遅い。体調を崩さないように対策するから、表示くらいしてほしい。

ちなみに、都会では、学校敷地内の農薬散布はしないそうです。

 

空気のよいまちを望みます。

 

 

  • 食材について
  • お客様へのお願い
  • イベント情報